今日の1曲♪~【子供の情景/シューマン】

おはようございます。

ぴあのつむぎNakoです♪

 

昨日はブラームスの『間奏曲』を久々に弾きました。

41小節目からの低音部・ベースの動きが

たまらなく好きです!

 

さて、ブラームスといえば!?

昨日のブログでもちらり紹介しましたが・・・

 ↓ ↓ ↓ ↓

今日の1曲♪~【間奏曲イ長調/ブラームス】

 

今日の1曲は、シューマンで決まりです♪

 

好きな作曲家は??

と聞かれたら、

シューマンは私の三本の指に入り、

1,2位を争うほど好きな作曲家です。

 

ューマン、ショパン、シューベルト

Nakoの三大シ(笑)の1人です。

(このくだりは、ブラームスの記事を参照してくださいね笑)

 

シューマンは繊細で美しいピアノ曲をたくさん生み出していますね。

この『子供の情景』(全13曲)の

7曲目『トロイメライ』は、

聴いたことがある&好きな曲!!という方も多いのでは??と思います。

 

今日も最後までお付き合いいただけると嬉しく思います♪

 

 

♪13の小品集

 

この『子供の情景』は、

シューマンが28歳の時

クララの言葉からインスピレーションを受けて書かれた作品とのこと。

 

クララの父親に、結婚を認めてもらえない、会うことも許されない…

という状態の中で書かれた作品のようです。

 

クララへの思いを込めて

書いていたのでしょうねぇ・・・(*´ω`*)

 

この曲がまとめられた年に、

シューマンは

クララへ次のような手紙を宛てています。

 

貴方は、前に私のことを

ときどき子供みたいなところがあるといいましたが、

その言葉が私の胸にのこっていて、

それがちょうど羽根を与えられたかのように思えて、

30曲ほどの小さな曲を書きました。

・・・・・

 

30曲!!!すごいですね~

 

その中から13曲を選んで、

演奏や理解がしやすいように

標題をつけたそうです。

 

どれもこれも、

タイトルと曲調から

子どもの愛らしい無邪気な表情や行動、情景が連想されて、

クスッと笑えたり、

ほっこりします・・・(*´ω`*)

 

  • 1曲目  見知らぬ国 / Von fremden Landen und Menschen
  • 2曲目  不思議なお話 / Kuriose Geshichte
  • 3曲目  鬼ごっこ / Hasche-Mann
  • 4曲目  ねだる子供 / Bittendes Kind
  • 5曲目  満足 / Gluckes Kind
  • 6曲目  重大な出来事 / Wicthtige Begebenheit
  • 7曲目  トロイメライ / Traumerei
  • 8曲目  炉端で / Am Kamin
  • 9曲目  木馬の騎士 / Ritter vom steckenpferd
  • 10曲目  むきになって / Fast zu ernst
  • 11曲目  こわがらせ / Furchtenmachen
  • 12曲目  眠っている子供 / Kind im Einschlummern
  • 13曲目  詩人のお話 / Der Ditcher spiricht

 (出版社よってタイトル訳が変わるので、原題も記してみました。)

 

 

昔から子供の世界というものに

一種の憧れを抱いていたというシューマン。

  

のちに、シューマンは

 

《 これは、子供のための曲ではなくて、

むしろ年とった人の回想であり、年とった人のためのものです。》

 

と、友人への手紙に書いています。

 

なるほど。

私もおばあちゃんになるまで弾き続けてみよう・・・

きっと今とは違った感じ方があるかもしれませんね(*´ω`*)

 

 

好きな曲ランキングTOP3♪

 

  

1位・・・『見知らぬ国

2位・・・『むきになって

3位・・・『トロイメライ

 

と、勝手にランキングしてみましたが、

2位と3位は、その時々で他の曲にも入れ替わります(^-^;

 

でも、不動の1位は、

いつでもどこでもついつい弾いてしまう

見知らぬ国』ですね~♪

 

見知らぬ国

 

シンプルで美しい。

異国への憧れと希望にあふれた曲。

(いろんな国の美しい風景が見たい♪という私の思いも乗っかっています!)

 

上向する6度の音程がくり返し出てきて、

あこがれの気持ちに、

より、拍車をかけてくれます(*´ω`*)

  

むきになって

 

映画『シャイン』の中でも流れています。

(ピアニスト、デイヴィッド・ヘルフゴット氏をモデルにした作品。オススメです♪)

これまた場面や主人公の状況、気持ちを代弁しているかのように、

この曲がしっくりくるんですよね~(/_;)

 

この映画とこの曲がベストマッチングすぎて、

両方大好きになりました。

 

トロイメライ

 

夢・・・

似たようなフレーズが

波のように寄せては引き、寄せては引き・・・

(まるでレム睡眠とノンレム睡眠の波形みたい)

その波の引き寄せ具合もビミョーに変化しつつ、

最後は…ホっと、おさまるところに深く深くおさまっていく・・・

といった感じでしょうか。

うっとり。

 

コロナ渦で生の演奏を聴く機会が減ってしまいましたが、

ここ最近では

仲道郁代さんのピアノリサイタルのアンコール曲として

この曲を聴く機会に恵まれました。

 

『早くコロナが落ち着いて、また自由に演奏会ができたり、元のような生活に戻れる日を願って・・・』

(と、そのようなニュアンスの内容…)

の言葉を添えて、演奏されていました。

 

この日の演奏会中で、もっとも心に沁みた演奏でした。。。

 

 

* ~ * ~ * ~ *

 

 

誰にでもあった子ども時代。

もう思い出せない~という方、

思い出したくない…という方、

鮮明に覚えている方・・・

 

もしかすると

この曲を聴きながら

何か大切な気持ちを思い出したり、

小さな頃の自分に癒される時間になるかもしれません・・・。

  

あなたの毎日を応援しています♪(*´ω`*)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA