『朝の思い/13日目』(+雲)

おはようございます♪

ぴあのつむぎNakoです。

 

ジェームズ・アレン著

葉月イオ訳

『運命を変える 朝の思い夜の気づき』

より、

『13日目の始まりに』を引用します。

 

苦しみや悲しみは、通過する雲

暗闇は、通り過ぎていく影です。
光は、闇にまぎれた本当の姿をあらわにして残します。

悲しみは、いつか過ぎ去るものです。
でも、歓びは・・・胸に残っていきます。

真実でないものは、いつか消え去り、失われていきますが、
間違いのない真実は、失われることなく残り続けます。
苦しみや悲しみは、間違いの中から生まれるものです。
しかしそれは、残り続けることができません。
歓びは真実の中にあって、枯れることはありません。

歓びは、一時的に、
姿を消したかのように、隠れてしまうことがありますが、
それは、雲に隠れた太陽のように、
いつでも呼び戻すことができます。

悲しみは、ある時期、居座るかもしれませんが、
散らして、お引き取りいただくことができます。

悲しみがいつまでも続くと思わないでください。
それは、空に浮かぶ雲のように消え去るでしょう。
苦しみや痛みが、あなた自身であると信じないでください。
それは、悪夢のように消えるでしょう。

立ち上がって、行動を開始しましょう!
心をときめかせて、未来を信じてください。


『運命を変える朝の思い夜の気づき』
著者/ジェームズ・アレン、訳者/葉月イオ、ゴマブックス(株)2003年7月10日発行

 

ピアノ塾の先生とのお話の中で・・・

 

「なんだか、いつも頭の中が忙しい…」という私に、

 

「流れてくる雲に全てに乗っている&乗り続けているから」

 

と、例えてくださったことを思い出しました(*^^*)

 

 

思考(考え)= 雲

とすると、

 

・乗っかる雲を選べること

・乗っていた雲から自ら降りてみること

・ただただ、雲が過ぎ去っていくのを眺めること・・・

 

自分次第で、選択可能ですね♪

 

時には、

空に浮かぶ雲を眺めながら、

 

頭の中は

雲ひとつない澄み渡った空のように

 

晴れやかに

空っぽにして、

ぼーーーーっとする時間も大事ですね(*´ω`*)ふぅ~。

 

あなたの毎日を応援しています♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA