脈拍とテンポ・・・!?

 

こんにちは♪

Nakoです。

 

今日のタイトル…(´艸`*)

 

あなたは、

安静時の脈拍数は多い方ですか?

それとも少ない方ですか??

 

これは私自身の経験と、

たくさんの生徒さんをみてきて感じることですが…

 

その人の脈拍と性格は、曲のテンポ感に表れる~♬

 

そう感じること、ありませんか?

 

自分ではかなりテンポをあげて弾いているつもりなのに、

ピアノの先生には

「もっとテンポを速く。」

と言われたり・・・

 

逆に、

「ここはもっとゆっくり弾いてみて~」

と言われて

「これ以上遅く弾くの!?うぅぅ~待てない!速く弾きたいっ!!!」

 

と、思ったことはありませんか??(´艸`*)

   

性格、脈拍、心拍数は曲のテンポに表れやすいのです♪

 

もちろん

それらを理解した上で、

練習を積み重ねていけば

テンポ感は少しずつコントロールしていけるようになりますよ(*^^*)

  

私が生徒さんと実践している

簡単な方法をお伝えしていきますね~♪

  

呼吸を整える

 

なんだかヨガ教室のような見出しになってしまいましたが(笑)

まずは呼吸を整える…

これ、すごく大事にしてます(*^^*)

 

呼吸が乱れたまま、息をハーハーさせながら曲をスタートすると

どうなるでしょう???

(そんな状況、めったにないとは思いますが…(´艸`*)

 

子どもたちのほとんどは、前のめりな気持ちで

教室にかけ込んできて、(姿が目に浮かぶよう…♬)

そのままの勢いでピアノを弾き始めたりします♪

 

それはそれで、

あふれるエネルギーを

一旦発散させることにはなるのですが(笑)

 

ピアノを弾き始める時は

姿勢を正して、

ふぅ~と深呼吸をして、

肩を上下にストンストン、と落として

なるべく身体もリラックスした状態で弾き始めます。

 

深呼吸は、

心と身体をリラックス状態へと導いてくれる

簡単で大切な要素です♪

 

簡単だからこそ、忘れてしまいがちでもありますが。

 

よし!と意気込むあまり、

息を止めていらっしゃる方も多々いらっしゃいます~(特に大人の方。)

そこで次のステップへ。

 

 

カウントをとる

 

いきなり弾き始めない

 

これも大事ですね♪

 

私は生徒さんに

曲の拍子に合わせて

(3拍子なら、1,2,3,1,2,3→弾く

 弱起の曲はスタートの音は何拍目で入るのかを意識して…)

自分でカウントをとってから

弾き始めるようにと伝えています。

 

すると・・・

おっとりのんびり型と

好奇心旺盛せっかちタイプでは、

カウントのスピードも違うのでおもしろい!

 

* い~ち、に~い、さ~ん・・・・・(おっと~間が長い…笑)

* イチニッサ!(ン…を言う前にもう弾いてる~笑)

 

ちなみに私はゆっくり型で、

先生によく「もっと速く弾いて~!!!」と言われてました。

 

( 自分ではすっごく速く弾いてるつもりなのに~!!

   速く弾こうとすると焦ってしまい、

  だんだん自分も曲も息切れ、ガタガタ…でした。笑 )

 

そして…

ハイ!! 私の一分間の脈拍数、少ないです!

   

病院では、必ずと言っていいほど

「脈拍、遅いね~いつもこれぐらい??」

と聞かれます。

(子どもの頃から言われていたので、老化ではないと思いますよ、多分…笑)

   

 

 

さて、

まずは自分でとったカウントで出だしを弾いてもらい、

その次に、

遅すぎる生徒さんには少し速めに

速すぎる生徒さんにはゆったりと

一緒にカウントをとって、弾いていきます。

 

弾いていくうちに

いつものテンポに戻ってしまったり…もありますが、

出だしよりも

速くなっていた 遅くなっていた

…と気付くことことが大切です♪

 

あ、そうだったと、気付き

くり返し、くり返し

続けていくと、

テンポは定着していきますよ。

 

 

 

客観的に聴いてみる

   

 

とは言いましても、、

速くなっているのか、遅いのか???

自分ではなかなか気づきにくいですよね。

 

そんな時、レッスンでは

自分の演奏テンポを客観的に聴いてもらうため、

私が

生徒さんの演奏を真似て弾いてみたり、

 

テンポを変えて、

この曲の雰囲気に合ってるのはどっち?クイズをします。

 

中には、私の思惑通りにはいかず(笑)

 

「えええええ~!!!???そっちかい!?」

を選ぶ子もたま~にいますが(笑)

 

だいたいは気づいてくれますね。(*^^*) 

 

曲の構造や作曲家の意図も伝えた上でも、

 

「こっちのテンポが絶対いい!この方が好き♪」

 

と選んだ場合は

その気持ちを尊重しています。

(ある意味、自分の中でそう確信が持てる感覚って、すごいと思います!)

 

独学でしたら、

速度記号に添って

メトロノームを使うとか・・・

 

あと、

自分の演奏を録音して聴いてみる♪

 

生徒さんにも時々やりますが、

効果的です。

 

最初は

嫌だ、聴きたくない!という方もいらっしゃると思いますが…

(実は私もでした笑)

慣れます!!

そして、メリットの方が大きいので、

オススメします(*^^*)

 

自分の演奏を客観的に聴いてみる、って

大事だなぁと思います。

 

自分のパターンを知る 

 

私自身と

生徒さんで実践してきた(している)内容を

書いてみました♪

 

脈拍が遅いから、速いから

どちらがいい、悪い

ということではありません(*^^*)

  

心臓の鼓動、脈拍

それもあなたの持って生まれた素晴らしい個性のひとつ、

自分のリズム、テンポなんです(^o^)/

 

 

* ついつい前のめりな演奏になっちゃう

* 速い曲に憧れるけど、ついていけない

* ゆったりな曲を好む

* 静かな曲は退屈で眠りそう・・・

 

などなど…

人によって様々ですよね。

 

みんなちがってみんないい~♬

 

  

自分の内側に持つリズム

自分のテンポ感やパターンを知る

 

そこを理解した上で、

少しずつ

くり返しくり返し

自分のクセや傾向(パターン)を修正したり、

活かしながら

チャレンジし続けることですね。

 

メトロノームの刻むリズムに囚われすぎたり

できないことにフォーカスしすぎないよう、

 

あくまでも

楽しみながら

ですよ~(^o^)/

 

その曲にふさわしいテンポで弾けたり、

自分が望む、心地よい演奏ができるようになると

うれしいですね♪

 

きっとできます。

「できた!弾けた~♪」

喜ぶ姿をたくさん目の当たりにしてきた私が

保証します♬

 

 

人間は変化する生き物。

変化できる生き物。

 

相手に対しても

自分に対しても

こうだからと決めつけることなく、

  

可能性にあふれていて

どうにでもなっていける

と、意識し、

実践し続けていくこと。

 

と、毎度のことながら、

自分にも言い聞かせつつ…です(*´ω`*)

 

 

あなたの毎日を応援しています♪

 

今日も最後までお付き合いいただき、

ありがとうございました♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA